[前記事] [次記事] [前スレッド] [次スレッド] [日付(目次)] [スレッド(目次)]

[mlsiba 214] ジャカルタのモノレール計画再始動



ジャカルタのモノレール計画再始動

ジャカルタは、ご存知のとおり他の東南アジア諸国の首都と同じく渋滞に悩まされています。

2008年に法的及び財政的な問題によりいったん中止されたモノレール計画が
2015年の営業開始を目指して再び動き出すようです。

最近ジャカルタを訪れた方は目にされたかもしれませんが
まるで記念碑か何かのように、コンクリートの柱が立てられているそうです。

財政的には、
1民間、2政府とジャカルタ市、3官民連合
による建設が考えられているそうです。

モノレールの総距離は27.8km。
南ジャカルタ地区のスマンギとクニンガンを結ぶ14.3km
東ジャカルタのカンプンメラユと西ジャルタのタマンアングレを結ぶ13.5km
で構成されています。
1日の輸送能力は12万人、建設費は5億ドル弱です。

一方南ジャカルタとジャカルタ中心部を結ぶMRTも
2012年建設を開始し、2017または2018年に完成が計画されています。
こちらの建設コストは6億5千万ドルが見込まれています。

地震の多い国なので、それに耐えられるようなしっかりした交通システムができることを祈ります。

*************************************
420-0853
静岡市葵区追手町44-1県産業経済会館4階
社団法人静岡県国際経済振興会(SIBA)
業務部長 生嶋 仁 ikushima@siba.or.jp
電話 054-254-5161 fax054-251-1918
http://www.siba.or.jp